看護ユニフォーム革命その白衣に疑問を持て価格×衛生×顧客視点から「リース白衣を卒業」する理由とは
  1. HOME
  2. 会社概要

会社概要

ご挨拶

チェロキーが日本に看護ユニフォームとしてのスクラブの普及を開始して、十数年が経過しました。
今では、チェロキーが創造したスクラブの日本市場が拡大して、日本の白衣メーカーも中国でスクラブを 生産して参入するまでになりました。日本においても、少しずつ、現場を考えた意識改革が進んでいる様です。
患者様と病院で働く人々の満足度を考えると、答えはチェロキーになります。チェロキーを採用した病院は、 「病院が明るくなった。」「ナースが楽しく働いている。」との感想を頂いています。
アメリカで医療用ユニフォームの最大シェアを持つチェロキーのブランド力、またそれを支える業界のリーダーとしての先進性など、 ホンモノの持つ魅力を、まだチェロキーを試したことのない皆様に感じて頂きたいと思っています。
「看護のプロが自分の着るものを自分で選び、ナースのプロ意識を自己表現する。」という本来あるべき姿の実現を目指して、 弊社は、日々努力していきたいと考えています。

チェロキー日本総代理店 株式会社マークスマン
代表取締役 武田 博容

会社について

称号 株式会社マークスマン
本社所在地 東京都江東区有明3-6-11東京ファッションタウンビル東館9階
主要業務 米国№1看護ユニフォーム「チェロキー」日本総代理店
電話 03-5579-6438
FAX 03-5579-6439
メール marksman@marksmantokyo.com
設立 平成13年3月28日
取引銀行 三菱東京UFJ銀行日本橋支店亀有信用金庫本店
主要取引先 (株)アイワ/東京
http://www.aiwanet.com/cherokee/
(株)甲府ユニホームセンター/山梨
http://www.kaigo-uniform.com/Cherokee_top/
メディカルサプライ(株)/北海道 http://www.msapurai.net/